先日、名古屋駅の近くの名駅3丁目に誰でも自由に利用できる「オープンスペース」を、1階に備えた新ビル(第2名古屋三交ビル)が誕生しました。

名古屋市が策定した「Nagoyaまちなかオープンスペース制度」の承認を受けた第1号の建物とのことで、災害時には一時避難場所として活用されます。制度認証を受けたビル所有者は、ビルの容積率や高さ制限等が緩和され事務所や店舗面積等を広く確保できるメリットが得られます。

高さ10メートルある空間には、テーブルやベンチが用意されトイレやWi-Fiも完備されています。近くに行った際は、休憩がてら立ち寄って見てみたいと思います。