不動産コンサルタントのつぶやき

名南財産コンサルタンツ 不動産事業部 公式ブログ

ごあいさつ

2022年もどうぞ宜しくお願いいたします

弊社不動産部ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。

早いもので令和も4年目になりました。また2020年代の到来とともに全世界を大混乱に陥れた新型コロナウイルスとの共生も3年目に入ります。

足元ではオミクロン株による第6波襲来の懸念はありますが、感染拡大が一時よりは落ち着いたことから、この年末年始は帰省などにより久々に家族や友人など大切な人との再会を喜ばれた方も多かったのではないでしょうか。

昨年の我が国の不動産市場動向を振り返ってみると、コロナ禍からの景気回復や金融緩和による金余り現象を背景に不動産市場への資金流入が続き、三大都市圏や地方中枢都市の優良不動産を中心に価格が高騰、一部ではバブルを彷彿させる状況もみられます。

また、昨年のはじめには新型コロナウイルスの感染拡大が収束すれば景気が回復するという期待を抱いていたように思われますが、コロナ禍からの回復というものは経済現象にバラ色の効果をもたらすだけではなく、需給バランスの悪化による需要超過から半導体不足や原材料価格の高騰を招き、インフレという副作用を引き起こすということを知った一年でもありました。

さて幕を開けた2022年はどのような一年になるのでしょうか。2月には中国で北京冬季オリンピックが開催されます。米中対立が激しさを増すなか、オリンピック終了後の国際関係が気になるところです。また、米国においては金融緩和の出口を探り始める時期にきており、このことが世界経済に与える影響が懸念されます。

国内では、大都市圏の生産緑地の指定解除による市街地農地の大量供給による、いわゆる「2022年問題」が顕在化するファーストイヤーといわれていますが、はたして本当にそうなるのでしょうか。

もちろん、新型コロナウイルスの感染拡大も終息したわけではなく、当面は共生を強いられそうです。

こうして考えると本年も平々凡々な一年とはならなさそうですが、弊社といたしましても怯むことなく少しでもお客様のお役に立てるよう鋭意努力を続けて参る所存でございます。

最後になりますが、皆様にとって2022年が素晴らしい一年になることを祈念いたします。

新入社員の佐藤です。

4月に名南財産コンサルタンツに入社しました佐藤と申します。
今回、初めてブログを書かせていただきます。

私は不動産鑑定士の資格を取得することを目指しております。
不動産鑑定士という資格は弁護士や税理士といった資格と比べるとあまり知られていないので簡単に説明させていただきますと、不動産鑑定士は不動産の適正な価格を導き出すプロフェッショナルです。
不動産鑑定評価業務は、不動産鑑定士の独占業務となっています。また不動産鑑定評価だけでなく、コンサルティング業務も行います。

私が不動産鑑定士を目指そうと思ったのは、宅地建物取引士資格の取得をきっかけに、不動産の世界に興味を持ったためです。
不動産業界がどのような状況なのかを調べていたときに、日本の不動産に対し今まで約900兆円の投資がされてきた一方、現在は約400兆円の価値しか残っていないという問題や、所有者不明の土地の面積が九州とほぼ同じ面積だという問題が存在することを知りました。

こうした問題に対し、不動産のプロフェッショナルである不動産鑑定士として問題解決のために、少しでも役に立つことができないかと思いました。

そして、5月13日の不動産鑑定士試験(短答式)を受験して参りました。
しかし、対策が不十分で、自己採点の結果、短答式試験の通過はできなさそうです。あらためて、不動産鑑定士試験の壁は厚いと感じました。

しかし、諦めずに一年間で上位との差を詰めていき、短答式試験に合格し、そのまま論文式試験を突破できるように勉強を進めていきたいと思います。
もちろん、仕事も覚えることばかりですので勉強と仕事を両立できるように頑張って参ります。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

新しい風

 4月に入り街中でも真新しいスーツに身を包んだ新入社員と思しき人々を見かけることが多くなりました。

 弊名南コンサルティングネットワークでも多くの新しい仲間が加わりました。また、弊名南財産コンサルタンツ不動産事業部においても新卒の新入社員が入社しました。少人数で不動産仲介業務や不動産鑑定業務を行っているという部門の特性上、現在在籍している営業担当者は全員中途入社でしたので、新卒での営業担当者の入社はおそらく10数年ぶりだと思われます。

 現在はネットワークの新卒者全体の集合研修に参加していますが、間もなく部門に配属される予定です。年々平均年齢の上昇が気になっていた不動産事業部のメンバーですが、22歳のフレッシュな新人の入社によって平均年齢は一気に下がることになります。果たして彼はどんな風を吹かせてくれるのでしょうか。楽しみです。

18040601

本年もよろしくお願いいたします

遅いご挨拶となりましたが、明けましておめでとうございます。本年も弊社ならびに弊ブログをよろしくお願いいたします。

弊社不動産部は、大きく不動産仲介部門と不動産鑑定部門に分かれていますが、このうち不動産鑑定部門は繁忙期を迎えております。というのも不動産鑑定部門は公的不動産評価、すなわち公示地価や基準地価の評価、路線価の基礎となる国税局の標準宅地評価などにも取り組んでいるのですが、このうち公示地価の判定の基準日が1月1日であることから、年末年始にかけての時期に作業がピークを迎えるためです。公示地価の評価作業は概ね終了したのですが、ありがたいことに他の評価業務も多く依頼をいただいており、当面は繁忙期が続きそうです。

さて、2018年に入り、日経平均株価は23000円台で推移、不動産市況も都心の物件を中心に高騰しており、アベノミクス以降の“熱狂なき過熱感”的なものが未だ続いているような感があります。マクロ経済を見渡しても、特段懸念されるような要因もなく、当面は現在のような情勢が続いていくのでしょうか。

今年9月でいわゆるリーマン・ショックから10年になります。個人的なことを申し上げると、このリーマン・ショックで自身の人生も大きく変わった部分もあるので感慨深いものがあります。10年前とは違った意味で時代は大きく動いています。安定した環境で仕事に取り組めていることに感謝しつつ、アンテナの感度は常に高くする必要があると考えています。

弊ブログでもみなさまに少しでもお役に立てる情報を発信していければと考えております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ