不動産コンサルタントのつぶやき

名南財産コンサルタンツ 不動産事業部 公式ブログ

可児

2022年3月 中央線に最新鋭通勤電車が登場!

JR東海は、11月17日、新形式の在来線通勤型電車「315系」の運転開始日と投入区間を決定したとの発表を行いました。

それによると、運転開始日は2022年3月5日(土)、投入区間は中央線の名古屋駅から中津川駅間になるとのことです。
現在、中央線には国鉄時代から走っている211系と1999年に登場した313系、その派生型で豪華仕様の313系8000番台が活躍していますが、315系の登場により211系は引退、313系・同8000番台は他線区に転属となり、特急「しなの」や「ホームライナー」に用いられている383系を除く、快速・普通電車は2023年中にすべて315系に統一されます。
この315系ですが、JR東海としては23年ぶりの新型通勤電車となることから、最新の技術が投入され、省エネルギー化や安全性・安定性の向上が図られています。

一方、気になる点もあります。中央線に投入される315系は、すべて8両固定編成になるようです。名古屋圏の場合、首都圏や京阪神と比べて朝のラッシュ時とデイタイムの乗客数の変動が大きく、現在の中央線は時間帯によって4両編成から10両編成とフレキシブルに運用されています。これが8両固定編成になってしまうと朝のラッシュ時の混雑が増すのではないかという懸念があります。ただ、この点ですが、現在は211系や311系の併結が多く、8両や10両編成の場合、運転台などのデッドスペースが多いことから、315系はオールロングシート化することもあり、8両固定編成でも大きな輸送力減にはならないと判断されたものと思われます。逆に日中は着席できるチャンスが増えるのではないでしょうか。

315系の登場により名古屋圏のJRの輸送事情は大きく変わることになります。まずは、来春のデビューを楽しみに待ちたいと思います。

塗り替わる【商業】地図

名古屋市西区と春日井市で大型商業施設の開業が相次ぎます。

1027日(水)、名古屋市西区にオープンするのは「イオンモールNagoya Noritake Garden」です。本施設は、名古屋駅から北に1kmほどいった西区則武新町のノリタケカンパニーリミテドの本社工場跡地に三菱地所などが手掛ける大規模マンションと一体として再開発されたものです。名古屋市西区には既に「mozoワンダーシティ」がありますし、そのほかにも名古屋市内には「イオンモールナゴヤドーム前」「イオンモール熱田」「イオンモール新瑞橋」「イオンモール名古屋茶屋」「イオンモール大高」など、他の大都市と比べてイオンモールが多くありますが、「イオンモールNagoya Noritake Garden」は名古屋駅に近い立地を活かし、イオンモールとしては初の試みとして広大なフロア面積を誇るオフィスが併設されるほか、名古屋駅周辺のシネコンと競合を避けるためか、シネコンの代わりにコニカミノルタが運営するプラネタリウムが出店します。

20211023_noritake

また、1022日(金)、春日井市に「イーアス春日井」がオープンしました。「イーアス」はダイワハウス工業が運営する複合型ショッピングセンターで、同社は茨城県つくば市や東京都八王子市、沖縄県豊見城市などで同名の施設を展開しています。「イーアス春日井」は、西友が運営していた「ザ・モール春日井」の跡地を大和ハウス工業が取得し、新たに商業施設を建設したもので、西友がテナントとして入居し24時間営業のスーパーを運営するとともに全国最大規模を誇る「無印良品」が出店しています。

この「イーアス春日井」からさほど遠くない名古屋市守山区には7月に会員制スーパーの「コストコ守山倉庫店」が開業、一時は周辺が大渋滞となるなど、高い顧客誘因力を発揮し盛業中です。

一方、百貨店の業態では愛知県内でも撤退が相次いでおり、直近では930日に名鉄豊田市駅前にある「松坂屋豊田店」が閉店しました。20208月にはイオンモール岡崎に入っていた「西武岡崎店」が、同年3月には豊橋駅前で営業を続けていた「ほの国百貨店」が閉店しており、愛知県の三河地方からは百貨店が消えるかたちとなりました。

車社会である愛知県では、自動車と親和性の高い、大型の駐車場を設置した大型ショッピングモールが伸長する一方、百貨店業態では、名古屋市外の店舗が軒並み閉店し、県内で名古屋市外にある百貨店は一宮市の名鉄百貨店一宮店のみとなってしまいました。

長引くデフレや所得が伸びないことによる人々の消費行動の変容など様々な要因が考えられますが、栄枯盛衰を感じざるを得ない、新規出店と閉店のニュースでした。

関連投稿 新しい【商業】地図2020.9.19

北陸新幹線の延伸と福井県のこれから

先日、福井県に出張する機会がありました。現地調査のため車で走り回っていると、工事中の北陸新幹線の高架橋があちこちで目に入り、工事が佳境に入っていることを伺わせました。

 

北陸新幹線は、全国に5つある整備新幹線の一つで、東京と上信越・北陸地方を結び、将来は大阪まで延伸されることになっています。1998年2月に開催された長野オリンピックに合わせる形で1997年10月に高崎駅から長野駅まで開通(東京駅から高崎駅までは上越新幹線と共用)、当時は「長野新幹線」と呼ばれていました。その後、2015年3月に長野駅から金沢駅間が開通。現在は、正式な「北陸新幹線」という名称が用いられています。

 

現在は金沢駅止まりの北陸新幹線ですが、金沢駅から敦賀駅までの延伸工事が進められています。2012年に着工され、2023年春に開業する予定でしたが、工事の遅れにより2024年春に開業予定です。

 

この北陸新幹線延伸部の停車駅ですが、石川県内に『小松駅』『加賀温泉駅』『芦原温泉駅』が、福井県内に『福井駅』『越前たけふ駅』『敦賀駅』が設けられます。現在の北陸本線の特急停車駅とほぼ同様ですが、『越前たけふ駅』のみ既存の鉄道路線と接続しない形となります。

2021091201
 
その『越前たけふ』駅の建設状況です。田んぼの中にポツンと新しい駅舎が姿を現しています。

2021091202
 
ただ、北陸自動車道武生インターチェンジにほど近く、国道8号線と駅をつなぐアクセス道路も整備予定です。


2021091205
 

2021091204
敦賀駅です。北陸新幹線が新大阪まで全線開通するのは2046年の予定なので、当面は敦賀駅が終着駅となります。

 

北陸新幹線の敦賀開業により並行する在来線(北陸本線)は現在のJR西日本から地元自治体などが出資する第三セクターに運営主体が移管されます。それにより、現在は大阪、京都や名古屋から金沢まで運行されている特急「サンダーバード」や「しらさぎ」が敦賀までしか運行されなくなります。

 

地元福井県は、北陸新幹線の敦賀延伸後もこれら在来線特急列車の福井駅への乗り入れをJR西日本に要望していましたが、同社は新幹線の乗客減への懸念や運行コストの増大などの理由によりこれを拒否、福井県は要望を取り下げています。このため、福井から大阪や名古屋に向かう場合、敦賀まで新幹線に乗るのは時間短縮効果があまりないことや料金の問題もあり、直通特急がなくなるということが大きなデメリットにつながります。このことは福井市と敦賀市の中間に位置する鯖江市や越前市も同じことがいえます。

 

北陸三県といわれる、富山県・石川県・福井県ですが、文化的・社会的な経緯や地理的位置から関西圏や中京圏との結びつきが強いといわれてきました。それが2015年の北陸新幹線の金沢開業で石川県や富山県では状況が変わり首都圏との結びつきが強まりつつあります。

 

福井県は、大きく嶺北(福井市や越前市)と嶺南(敦賀市から若狭湾沿岸の小浜市にかけて)に分かれますが、嶺南における電力会社は北陸電力ではなく関西電力であるなどほぼ近畿地方といってよいほど関西圏との結びつきが強くなっていますが、2024年の北陸新幹線の敦賀延伸により果たしてどうなっていくのでしょうか。

車の買い替えとガソリン車の未来

今乗っている車が故障してしまいました。ディーラーで見てもらったところ、車検を通る状態にするだけで数十万円かかることがわかったため、急遽買い替えることにしました。

今の車は15年落ちの中古車で故障には懲りたことから、思い切って新車を購入することにしました。候補に選んだのは2車種。SUVタイプのハイブリッド車とワゴンタイプのガソリン車です。

趣味の関係で長距離を走ることもあるので、燃料代などを考えるとどう考えてもハイブリッド車の方が有利なのですが、ワゴンタイプのガソリン車を購入することにしました。

理由ですが、ワゴンタイプの車のデザインや先進機能が気に入ったという点が大きいものの、そうそう頻繁に買い替えることは考えていないので、10年乗るとして、次の車に買い替えるころには純粋なガソリン車というものがほぼ絶滅している可能性もあり、ドライブしていてより楽しい純粋なガソリン車を楽しめるうちに楽しもう、と思ったということも少しだけあります。

最近報じられたニュースで、EUが気候変動対策として2035年以降の新車販売について、排気ガスを出さない「ゼロエミッション車」のみとし、ハイブリッド車を含むガソリン車やディーゼル車の販売を事実上禁止する方針である、というものがありました。この通りになるのかはわかりませんが、「脱内燃機関」の流れは今後間違いなく進んでいくでしょう。

思えば、昔当たり前だったことが、今となっては全く当たり前でないということが多々あります。その1つがマニュアルトランスミッション車(MT車)の存在ではないでしょうか。

個人的には、車を運転することが好きで、過去MT車に乗っていたこともあるのですが、現在MT車の設定があるのは、スポーツカーなどごく一部の車種のみであり、今回購入するワゴンタイプの車にもMT車の設定はありません。

ですので、MT車を選ぼうと思えば比較的選択肢の多かった15年前、20年前が懐かしく思われます。したがって、15年後、20年後には純粋なガソリン車に自由に乗れた時代を懐かしく思うような日がくるのではないでしょうか。そんなことを思うのは私のようなモノ好きだけかもしれませんが…。

どうなる!? リニア中央新幹線

リニア中央新幹線の名古屋駅が徐々に姿を現してきています―――。
20210611001
上記の写真は、弊社が入居するJPタワー名古屋からJR名古屋駅の西側を撮影したものです。リニア中央新幹線名古屋駅は既設の在来線や新幹線と十字に交差する形で地下に設置されます。

赤で示した部分がリニア名古屋駅の西側部分になります。用地買収と建物の解体がかなり進んだため、なんとなくですが駅のような形状になりつつあるのがおわかりいただけるのではないでしょうか。

青で囲っているのは10年ほど前に建てられた河合塾の校舎ですが、この建物も解体準備に入っており、いずれ更地になる予定です。

用地買収が全て完了し、全体が更地になった後、開削工法といって、地下30メートルの深さまで地上から掘り進められ、リニア新幹線のホームが設置される予定です。

20210611002
この写真は、名古屋法務局や中部運輸局などが入居する名古屋合同庁舎1号館から撮影したものです。巨大な穴が掘られていますが、この穴から『シールドマシン』という機械を地中に下ろし、トンネルを掘り進めます。穴の直径は約40メートル、深さは約90メートルですので大きめのビルがすっぽり収まってしまう大きさです。

この穴から掘り進められるトンネルは『第一中京圏トンネル』といい、名古屋駅から岐阜県可児市まで全長34.2キロという長大なものです。

なお、この穴ですが、リニア新幹線開業後は万が一の場合の非常口として利用されることになっており、正式名称を『名城非常口』といいます。

このように身近なところでもリニア中央新幹線の工事を見かけるようになり、2027年の開業を目指して着々と工事が進められているように思われますが、静岡県の大井川の減水問題がこじれており、2027年の予定通りの開業はほぼ絶望的な状況となっています。

その静岡県ですが、6月20日の投票日に向けて、目下知事選の最中です。立候補している現職と新人、いずれも減水問題に対して厳しい姿勢のようですので、どちらの候補が当選しても、問題が一気に解決することにはならなさそうです。

コロナ禍で出張が減り、リモートでの面談等が増えたことで、リニア中央新幹線の意義を問う声も大きくなっています。また、名古屋という街からすると、リニア開業に伴い首都圏にヒト・モノ・カネが流出するストロー現象の発生も懸念されるところです。

個人的には、開業の遅れを奇貨として、コロナ禍によって変わってしまった価値観を前提として、名古屋都市圏としてのあり方を官民挙げて模索すべきと考えますが、みなさまはどのように思われますか。



 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ