不動産コンサルタントのつぶやき

名南財産コンサルタンツ 不動産事業部 公式ブログ

可児

マンション理事長というお仕事

現在居住している分譲マンションの理事長を引き受けることになりました。

部屋番号ごとの輪番制で役員を選ぶことになっており、個人的にはほとんどやることがない監事がよかったのですが、くじ運がわるく?みごと理事長のくじを引いてしまいました。

そうはいってもそこまでやることはなく、たまに管理会社の担当者と打ち合わせをしたり、書類にハンコを押したりといった具合です。また、先日駐車場の抽選会があったのですが、理事長の仕事といえば、くじが入った箱を手に持つことぐらいでした。

駐車場といえば、私の住むマンションは、分譲当時は機械式の立体駐車場があったのですが、老朽化し故障も多く、部品も手に入りにくくなるということで、大規模修繕のタイミングで撤去しました。平面駐車場のみになると当然台数が足りなくなるのですが、マンションの裏にたまたま大きな月極駐車場があったことから、管理組合が必要台数をその駐車場で借りた上、差額を補填して区分所有者に貸すことにしたため台数不足の問題は生じませんでした。

私が住むマンションの場合、たまたま裏に大きな月極駐車場があったため、台数不足の問題は生じなかったのですが、都心部で建物が密集しているようなところだと近隣で代替駐車場が確保できず、立体駐車場を撤去という選択肢が取りづらいマンションも多いと思います。

分譲マンションを購入する場合、意外な盲点になるので注意が必要かもしれません。

また、ひとつ気になっているのが、今後、自動車の電動化が進む可能性が高い一方、マンションに充電設備を導入するハードルが高いということです。

それなりの充電設備を導入しようとすると電気容量の関係から既存の設備では対応できず、新たに電源を引き込む必要がある一方、受益者負担をどうするか、EVを持つ人と持たない人の公平性をいかに確保するかなど、様々な問題を解決する必要があるためです。

私が住むマンションの場合、議論が俎上に載るのはおそらく5年後かさらに先の次の大規模修繕を行うタイミングくらいだと思います。

そのタイミングで理事長を引き受ける人は大変だと思います。そういった意味では引き受ける年度により負担度に大きな差があるのがマンションの理事長という仕事なのかもしれません。

コロナ禍のライブ・コンサート事情

 先日、妻から誘われていた某ロックバンドのライブを観に名古屋市南区にある日本ガイシホールに行ってきました。コロナ禍に陥ってからこのようなイベントに行くのは初めてだったのでいろいろと戸惑い感じることがありました。雑感的に記したいと思います。

  • 館内への入場には接触確認アプリ「COCOA」が必須
 入場の際、係員が「入場には接触確認アプリ『COCOA』の画面を見せていただく必要があります!」と大声で呼びかけていました。そんな話は聞いていなかったので、その場でアプリをダウンロードしようとしたのですが、みな同じ場所で同じようにダウンロードしようとしているので回線がパンク気味なのか、うまいことダウンロードできませんでした。いよいよ開演時間間近になって、用紙に連絡先等を記入したらよいということになり、記入した上で入場口に向かいました。
  • まとめ買いした電子チケットはあらかじめ“分配”しておかないと入場できない
 今回のライブのチケットは妻が取ってくれた電子チケットでした。某コンビニエンスストア系のチケットだったのですが、入場口で電子チケットを“分配”する必要があると言われ足止めされてしまいました。つまり私のスマートフォンにも電子チケットのアプリをインストールしておかないといけなかったですが、インストールしていなかったのでその場でダウンロードしようとすると先ほどと同じようにうまいこといきません。

 結局、案内ブースで手続きをして入場することはできたのですが、そのバンドの最新曲(某アニメ映画の主題歌)を1曲目に演奏したようで、それが終わった後でした。
  • 人数制限はなし
 ライブに行った日の時点で既にまん延防止等重点措置は解除されていたのですが、ライブ自体は以前から計画されていたものなので人数制限はしているのかな、と思っていたのですが、特に人数制限はなかったようで館内は満員でした。
  • 観客のマナーは非常によい
 昨年愛知県内で開催された野外フェスで、密な状態で酒が提供されクラスターが発生し世の中の顰蹙を買ったという出来事がありましたが、今回の観客のマナーは非常によく大声を出すような人は皆無でした。

 このようなライブに行くのはかなり久しぶりだったのですが、妻につき合わされて行くという感じだったので事前の準備不足で入場に戸惑ってしまったのは大きな反省点でした。ただ歓声のないライブでしたが、バンドの演奏は素晴らしく、会場との一体感も十二分なものでした。

 コロナ禍は依然として収まらず、戦争や物価高騰、地震など、気分が重くなるニュースが続いていますが、そういったことも忘れてよい気晴らしの時間となりました。

家電選び、不動産選び

13年前に買った洗濯乾燥機が寿命を迎えつつあります。

モーターがキュィーンと奇妙な音を立てるようになったり、フィルターをこまめに掃除しているのに何度もフィルター目詰まりのエラー表示が出て止まってしまったりともはや先行きは長くないようです。

家電量販店で聞いたところ、洗濯乾燥機の場合、部品が残っているのは製造終了後およそ6年間とのことなので修理で対応することは不可能で、本当に動かなくなった場合、買い替えざるを得ないようです。

そこで買い替えに向けた検討を始めました。現在使っているのはいわゆるドラム式の洗濯乾燥機で、購入当時20数万円したまあまあの上位機種です。

ネットや家電量販店に見に行くなどして、現在のドラム式の値段を調べてみたのですが、下は15万円くらいから上は30万円超まで様々でした。

13年間で機能はかなり進化したようで、洗剤の自動投入機能やスマホとの連携機能のほか、省エネ機能もかなりアップしたとのことでした。ただ、そういった機能がまあまあ充実した機種だと25万円は出さなければならないようです。

一方、ドラム式よりもう少し安い機種として乾燥機能付きの縦型の洗濯機もあり、こちらだと20万円出せばまあまあの機能の機種を買えることがわかりました。

さらに、乾燥機能が付いていない縦型の洗濯機に昔ながらの四角形の衣類乾燥機を付けるという手もあり、これだと15~16万円になりそうです。

そもそも乾燥機能がいるの?という声もありそうですが、筆者の場合、趣味の登山やスキーで着用するゴアテックスという素材を使ったウェアは乾燥機で乾燥させることにより耐水性が維持できるため、乾燥機能が必須という事情があります。

というわけで未だ迷い中ですが、洗濯乾燥機の性能や相場に少しだけですが詳しくなってきたような気がしています。

以前、エアコンが壊れて買い替えたときは時間がなかったため、よく調べず値段だけで買い替えましたが、今回は“迷う楽しみ”を感じています。

これはまさに不動産購入にもいえることで、迷ってあれやこれや物件を見に行ったり、いろいろ調べ物をしたりしているうちに自然と不動産のことに詳しくなるということもあるかもしれません。

その中でプロの意見を聞けばより不動産に対する理解が深まるといったこともあるのではないかと思います。

もし不動産について“迷う楽しみ”を感じており、プロの意見を聞きたいという方がおられましたらお気軽に弊社までお問い合わせいただければ幸いです。

2022年もどうぞ宜しくお願いいたします

弊社不動産部ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。

早いもので令和も4年目になりました。また2020年代の到来とともに全世界を大混乱に陥れた新型コロナウイルスとの共生も3年目に入ります。

足元ではオミクロン株による第6波襲来の懸念はありますが、感染拡大が一時よりは落ち着いたことから、この年末年始は帰省などにより久々に家族や友人など大切な人との再会を喜ばれた方も多かったのではないでしょうか。

昨年の我が国の不動産市場動向を振り返ってみると、コロナ禍からの景気回復や金融緩和による金余り現象を背景に不動産市場への資金流入が続き、三大都市圏や地方中枢都市の優良不動産を中心に価格が高騰、一部ではバブルを彷彿させる状況もみられます。

また、昨年のはじめには新型コロナウイルスの感染拡大が収束すれば景気が回復するという期待を抱いていたように思われますが、コロナ禍からの回復というものは経済現象にバラ色の効果をもたらすだけではなく、需給バランスの悪化による需要超過から半導体不足や原材料価格の高騰を招き、インフレという副作用を引き起こすということを知った一年でもありました。

さて幕を開けた2022年はどのような一年になるのでしょうか。2月には中国で北京冬季オリンピックが開催されます。米中対立が激しさを増すなか、オリンピック終了後の国際関係が気になるところです。また、米国においては金融緩和の出口を探り始める時期にきており、このことが世界経済に与える影響が懸念されます。

国内では、大都市圏の生産緑地の指定解除による市街地農地の大量供給による、いわゆる「2022年問題」が顕在化するファーストイヤーといわれていますが、はたして本当にそうなるのでしょうか。

もちろん、新型コロナウイルスの感染拡大も終息したわけではなく、当面は共生を強いられそうです。

こうして考えると本年も平々凡々な一年とはならなさそうですが、弊社といたしましても怯むことなく少しでもお客様のお役に立てるよう鋭意努力を続けて参る所存でございます。

最後になりますが、皆様にとって2022年が素晴らしい一年になることを祈念いたします。

2022年3月 中央線に最新鋭通勤電車が登場!

JR東海は、11月17日、新形式の在来線通勤型電車「315系」の運転開始日と投入区間を決定したとの発表を行いました。

それによると、運転開始日は2022年3月5日(土)、投入区間は中央線の名古屋駅から中津川駅間になるとのことです。
現在、中央線には国鉄時代から走っている211系と1999年に登場した313系、その派生型で豪華仕様の313系8000番台が活躍していますが、315系の登場により211系は引退、313系・同8000番台は他線区に転属となり、特急「しなの」や「ホームライナー」に用いられている383系を除く、快速・普通電車は2023年中にすべて315系に統一されます。
この315系ですが、JR東海としては23年ぶりの新型通勤電車となることから、最新の技術が投入され、省エネルギー化や安全性・安定性の向上が図られています。

一方、気になる点もあります。中央線に投入される315系は、すべて8両固定編成になるようです。名古屋圏の場合、首都圏や京阪神と比べて朝のラッシュ時とデイタイムの乗客数の変動が大きく、現在の中央線は時間帯によって4両編成から10両編成とフレキシブルに運用されています。これが8両固定編成になってしまうと朝のラッシュ時の混雑が増すのではないかという懸念があります。ただ、この点ですが、現在は211系や311系の併結が多く、8両や10両編成の場合、運転台などのデッドスペースが多いことから、315系はオールロングシート化することもあり、8両固定編成でも大きな輸送力減にはならないと判断されたものと思われます。逆に日中は着席できるチャンスが増えるのではないでしょうか。

315系の登場により名古屋圏のJRの輸送事情は大きく変わることになります。まずは、来春のデビューを楽しみに待ちたいと思います。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ