不動産コンサルタントのつぶやき

名南財産コンサルタンツ 不動産事業部 公式ブログ

コロナ禍

コロナ禍により大阪・ミナミの路線価、再び減額補正

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により地価が大きく下落した地域で路線価の減額補正が再び適用されることとなりました。

対象となる地域は、大阪市の“ミナミ”といわれる繁華街・歓楽街で、対象期間は令和2年10~12月となります。この間に相続等により対象地域で土地を取得した場合、路線価に「地価変動補正率」を乗じることにより評価額を算出することになります。既に公表されていた同年7~9月分では対象地域が3地域でしたが、今回は13地域と10地域も増えています。

相続等により土地を取得した場合の税額の算定に用いる路線価ですが、地価の実勢水準の80%程度に抑えられています。一方、路線価は毎年1月1日を基準日としているため、1年間に20%以下になるような大幅な地価下落があった場合、地価の実勢水準が路線価を下回ってしまうことになり、納税者の不利益とならないよう、このような措置が講じられています。

なお、名古屋市の代表的な繁華街である錦3丁目では、下落率が20%以下にならなかったことから「地価変動補正率」の対象地域にはなりませんでしたが、「個別の期限延長」により、令和2年10月から12月までの路線価の補正に係る公表の日(令和3年4月23日)から2か月間、贈与税の申告・納付期限を延長できることとされました。

今回の公表により、令和2年分の路線価については、講じられる措置がすべて明らかになりました。今後について、令和3年分の路線価は、令和3年1月1日を算定基準日とし、7月に発表される予定です。

足元の状況としては、3回目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県を対象に発出されることになっています。2回目の緊急事態宣言とは異なり、大型商業施設(生活必需品を販売する小売店などを除く)や酒類やカラオケ設備を提供する飲食店などに対する休業要請、プロ野球やJリーグなどのイベントの無観客開催の要請などかなり厳しいものとなっています。今回の措置は、減額補正の対象となった大阪・ミナミをはじめ、各地の繁華街・歓楽街の地価に大きな影響を与える可能性があります。様々な面で先行き不透明ともいえる状況ですが、今後の地価の動向についても注意深くウオッチする必要があると感じています。

国税庁 令和2年分の路線価等の補正について(10~12月分)

IMG_2547
 撮影日:令和3年4月9日

コロナ禍での北海道出張

出張の話ばかりで恐縮ですが、先月の東京出張に続き今回は北海道の旭川へ出張でした。先月の出張時と違うのは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、筆者が住む愛知県を含む11都府県で緊急事態宣言が発令されていることです。出張自体は宣言の発令前に決まっておりチケット等も予約済みであったため、万全の感染防止対策を施した上で出張に出かけることにしました。やはり新型コロナの影響を色濃く受けていることを感じさせる場面が多かったので雑感を記したいと思います。 

先月、新幹線の車窓から見たときは全く雪がなかったのですが、今回は雪化粧した富士山を望むことができました。奥には3000m級の山々が連なる南アルプス連峰も見えます。 IMG_2191


中部国際空港から旭川空港への直行便は夏しか運航されておらず、羽田空港で旭川空港行の便に乗り継ぐか新千歳空港から北海道に入り電車か高速バスで旭川に移動するかどちらかの選択肢となります。宿泊予約サイトのパッケージで申し込むと金額的にはほとんど変わらないので前者を選択し羽田空港で乗り継ぐことにしました。ただ、乗り換え時間が3時間近くありますが、カードラウンジで仕事ができるので問題はありません。羽田空港は第2ターミナルの半分が閉鎖されており、なんだか荒涼感がありました。
 IMG_2202


羽田発旭川行きエアドゥ83便の機内。中部国際空港発着の国内線はナローボディ(客室内の通路が1本)のボーイング737が主体なのでワイドボディ(客室内の通路が2本)のボーイング767に搭乗すると大きな飛行機に乗ったんだなと感じてしまうのですが、乗客はまばらで余計寂しく感じてしまいます。
 IMG_2204


旭川空港着陸前、雲を抜けると一面の白い台地が目に入ります。スキー旅行で来るならワクワクしてくるところですが、これから仕事で雪道を運転しなければならないことを考えると少し気が滅入ります。
 IMG_2206


北海道では国の緊急事態宣言を踏まえ、集中対策に取り組んでいるとのお願いが掲示されていました。緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来をしないことはもちろん、札幌市内とそれ以外の地域の間での不要不急の往来をしないことも要請されています。
 
IMG_2208


空港で昼食を摂ろうと思っていたらフードコートはまさかの営業終了。この日は夕方の便が運休で最終となる1325分の便が出発するタイミングで閉まってしまうようです。まさか空港で昼食難民になるとは思ってもみませんでした。
 
IMG_2209


JR旭川駅前の様子。旭川では日本最北の百貨店であった西武旭川店が2016年に閉店する一方、駅周辺再開発に伴いJR北海道が2015年に建築したビルにイオンモールが入居しています。また、旭川発祥でドラッグストア業界売上高2位(2020年)のツルハホールディングスも旭川駅周辺で積極的に投資を行っており筆者が宿泊したホテルもツルハホールディングスが建築したビルに入っていました。

IMG_2217


夜の繁華街を少し歩いてみました。人影もまばらで寂しい限りでした。1人での黙食なら外食も問題ないかな、とも考えましたが、やはりホテルの部屋に戻って摂ることにしました。
 
IMG_2225

IMG_2227

IMG_2228


無事仕事を終え、帰りの飛行機に乗り込みます。旭川空港離陸後、眼下に望むのは十勝連峰でしょうか。今回は地元経済にあまり貢献できませんでしたが、コロナが早く収束し、次回は登山やスキーで来たいなと思いつつ北の大地を後にしました。
IMG_2239

コロナ禍での東京出張

先日、日帰りでの東京出張がありました。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響なのか個人的には例年になく出張が少なく、東京への出張も今年は最初で最後になります。コロナ禍に陥って以降初の東京出張になりますので写真を交え所感を記したいと思います。

8時台の「のぞみ」指定席ですが、ご覧のとおりガラガラです。平日朝の新幹線というと出張のサラリーマンで熱気ムンムンというイメージがあったのですが、過去のものになってしまったようです。
IMG_1963



































12月だというのに富士山は全く雪を纏っておらず夏山のようでした。ようやく寒波が到来するようですが、少しは雪化粧するのでしょうか。
IMG_1970





















久々の新橋です。SL広場前は人がかなり少ない印象でした。
IMG_1977





















新橋から虎ノ門ヒルズ方面に歩きます。歩道上に小さなファミリーマートがありました。特例的な措置で建築しているのでしょうが、こういったものを見ると東京は進んでいるな、と思います。
IMG_1979




































渋谷です。かなり人が出ています。今回、池袋にも行きましたが、どちらも若い人が多い印象でした。
IMG_1987




































渋谷では相変わらず大規模な再開発が進行中です。銀座線に乗ろうとしたのですが、場所が変わっていて迷ってしまいました。
IMG_1989




































写真は撮りませんでしたが、山手線などの車内も比較的空いていた感じです。渋谷や池袋はそれなりに人が多かったのですが、それでもコロナ前よりは減っているのでしょう。以前、名古屋ローカルのテレビ番組で誰かが東京と名古屋では人々のピリピリ度合いが違うというようなことを言っていましたが、今回の出張ではそういったことはそれほど感じませんでした。折しも東京・名古屋についてもGoToトラベルキャンペーンの一時停止が打ち出されるとの報道もありました。この先どうなるのか先が読めない状況ですが、どこの街にいても気を付けなければならないことには変わりありません。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ